本文へ移動

家の光図書 新刊のご紹介

書籍

68歳、ひとり暮らし。きょう何食べる? 自分のための料理を愉しむ工夫

 ベテラン料理研究家が教える、「ひとりごはん」を楽しむアイデア。
 自身の経験を生かし、食事づくりをラクにする下ごしらえや、あると便利な食材ストック、シニアに必要な栄養をたっぷり摂るコツなどを紹介。

著者: 大庭英子
価格: 1,650円(税込)
ページ数: 128ページ

ごみを出さない気持ちのいい暮らし

 環境問題を考え行動する6名の著者が、ごみを出さないために実践しているマイルールを紹介。
 野菜は丸ごと食べきる、買い物には容器を持参するなど自分にできることから始めれば、気持ちのいい毎日が送れる。

著者: 高砂雅美、中村暁野、山戸ユカ、按田優子、西村千恵、
    渡貫淳子
価格: 1,650円(税込)
ページ数: 144ページ

和食ではじめる体質改善  アトピーっ子の安心ごはん

 保育園の栄養士と小児科医がすすめる、子どものアトピー症状を改善させる和食レシピ。
 だしや素材をいかした和食は、元気な肌をつくる栄養がたっぷり。おかずや汁ものなど多数掲載。
 毎日飽きずにたのしめる。

著者: 渡辺雅美
監修: 佐藤美津子
価格: 1,540円(税込)
ページ数: 96ページ

雑誌

「家の光」 2022年8月号  ~くらし・みどり・ふれあい家庭の総合雑誌~

(発行:毎月1回1日)
(特集1)
 じつはこんなに多彩!日本のナス
 地方色豊かな日本のナス。
 各生産地を地図上で確認し、歴史などを探るほか、古くから親しまれてきた在来種など特徴的なナスの産地を訪ね、生産の様子や地域で愛されている食べ方をリポートします。
 また、丸ナスや長ナスなど種類別に、その特性とお勧めの調理法、レシピも併せて紹介します。

価格: 629円(税込)

「地上」 2022年8月号

(発行:毎月1回1日)
(カラー新連載)
 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅
 ―食農応援プロジェクト
 人と人とをつなぐ、農・食と人をつなぐさまざまな活動(DANCEARTH PROJECT)を行っているEXILEのÜSAさん、『地上』、そしてJA全青協がタッグを組み、地域の農業や人(青年農業者)の魅力、JA青年組織活動などの熱き活動を発信し、地域住民や一般消費者、若い世代、異業種のみなさんに伝える新連載がスタートします。

価格: 618円(税込)

「ちゃぐりん」 2022年8月号  ~JAグループの食と農をすすめる子ども雑誌~

(発行:毎月1回1日)
(食&農特集)
 ちゃぐりんあぐりスクール&くるくるキュウリを作ろう!
 まんが「ちゃぐりんあぐりスクール」では、主人公の雪翔くんと日葵ちゃんが、杏樹お姉さんが勤めるJAの親子あぐりスクールに参加します。
 そこで、キュウリの収穫体験をしながら、キュウリの品種がたくさんあることを知ります。
 食育レシピでは、夏の水分補給にぴったりなキュウリの一本漬けの作り方を紹介します。「塩水漬け」「めんつゆ漬け」「甘酢漬け」の3種類の味が楽しめます。

価格: 576円(税込)
(別紙付録)
 これで夏休みの宿題はカンペキ!
 「お米の自由研究」(書き込みシート付き)
 付録を読むだけで、お米や稲、田んぼの基礎知識が学べるほか、研究者や料理研究家が一押しの、不思議でおもしろい食と農の観察や実験など、楽しい自由研究のテーマをたくさん紹介します。
 表は「食」、裏は「農」についてまとめることができる、付属の「書き込み式自由研究シート」は、写真や図を貼って、文字を書き込むだけで完成。
 稲や米の理解と消費を促しながら、子どもたちの夏休みの自由研究をサポートします。
※ 詳しくは、家の光協会ホームページ「家の光ネット」をご覧ください。
【図書のお申込み・お問い合わせ】 

 JAつがる弘前管理課情報企画広報係(電話:0172-28-1187)もしくはお近くの支店窓口



TOPへ戻る