組合長あいさつ

つがる弘前農業協同組合
代表理事組合長
工藤 文明
 日頃より、JAつがる弘前に対しまして格別のご愛顧をいただき、厚く御礼申し上げます。
 また、このたびは当JAのホームページをご訪問いただき、誠にありがとうございます。
 さて、当JAでは平成29年度より今後3年間のJA運営方針を定めた「第4次中期経営計画」の初年度としてスタートを切りました。
計画の策定にあたっては、組合員の皆様から頂いた意見や要望を参考としながら、地域農業の振興を目指した「地域農業振興計画」と、政府の農協改革に対して、今回の経営計画で重点的に取り組む「JA自己改革実施計画」を盛り込んだ形で計画を策定しています。
 この計画では、「組合員」「農業」「地域社会」の3つのテーマに沿った基本方針を定め、農業者の減少や高齢化など、これからの農業環境を見据えつつ、農業所得の増大を図る内容であります。
 また、計画策定にあたり行われたアンケート調査において、情報発信や広報活動に力を入れて欲しいとの要望が多くあったため、ホームページの更新と併せて情報発信体制の整備を進めてきました。
 今後も、組合員の皆様を始めとしたJA利用者への積極的な情報発信と計画の達成に取り組んでまいります。
 最後に、地域農業の活性化と地域社会への貢献に努め、地域の皆様に愛されるJAを目指して役職員一同総力を挙げて取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

経営理念

地域農業を守り育み、地域と農業のかけはしとなり、地域社会のゆたかな未来へ貢献します。

経営方針

  1. 「一人は万人のために万人は一人のために」の協同組合精神に徹し、地域農業を守り発展させるため、地域社会に信頼される農業協同組合を目指します。
  2. 農業を通じた社会貢献により、地域に親しまれ愛される農業協同組合を目指します。
  3. 地域と農業のよりよい「共生環境」を創造し、地域社会の豊かな未来へむけ地域に協調した事業運営を目指します。
  4. 役職員が一体となった事業運動を展開し、組合員に還元できる経営を目指します。